no01

第1位クリスタル水素水

クリスタル水素水
水素含有量
1.59ppm

もっと詳しく見る

no02

第2位スパシア

スパシア
水素含有量
0.35ppm〜

もっと詳しく見る

no03

第3位おいしい水素水

おいしい水素水
水素含有量
0.7ppm〜

もっと詳しく見る

おいしくて健康になれるおすすめ水素水ナビ » 水素水の効果を徹底調査 » そのほかの効果

そのほかの効果

さまざまな症状に対する水素水の効果をまとめてみました。

水素水がもたらすさまざまな効果

水素水の効能については、さまざまな研究がすすんでいます。中でもパーキンソン病や認知症に効果があるという発表は、大きな注目と反響をよんでいます

水素水でパーキンソン病を予防

水素水を飲むと脳の細胞の破壊が抑えられ、細胞を壊す原因とされる活性酸素も減り、パーキンソン病などの予防や治療につながる可能性があると、九州大学とパナソニック電工の研究グループが発見し、米科学誌プロスワンに論文が発表されました。

九州大学の野田百美准教授らはマウスに薬を投与し、パーキンソン病患者に見られる症状と同様に脳の神経細胞を破壊させました。

そこに、水素をわずかに含んだ水を飲ませたところ、水素を0.08ppm含んだ水を1週間飲ませたマウスは、細胞死の進行が抑えられ活性酸素の量も減っていたことが確認されたのです。

水素が細胞死を抑える仕組みについてはまだよくわかっていませんが、今後、臨床試験も実施して実用化を目指すということで、今後の研究成果が待たれます。

※パーキンソン病
中脳にある神経細胞が変性し、手足のふるえ、筋肉のこわばり、動きの低下などの症状が現れてくる病気。その原因と対処法について、さまざまな研究がすすめられています。
平成17年度厚生労働省患者調査よると日本における患者数は約14万5000人で、50~60歳代で発症することが多く、高齢化に伴い患者数が増加しています。

水素水で認知症が改善

1997年日本医科大学の太田先生は「水素で脳梗塞のねずみの症状が改善した」という内容の論文を発表しました。これは脳内にある細胞を酸化する(錆びつかせる)活性酸素が水素によって中和され、脳細胞の酸化損傷を抑制したためと考えられています。

しかし、認知症が水素によって改善するということが医学的にはっきりと解明されているわけではなく、医学的にも研究段階にとどまっています。

※認知症
後天的な脳の器質的障害によって、正常に発達した知能が低下した状態になる病気。 こちらも明確な治療方法はありません。

 
ページの先頭へ