no01

第1位クリスタル水素水

クリスタル水素水
水素含有量
1.59ppm

もっと詳しく見る

no02

第2位スパシア

スパシア
水素含有量
0.35ppm〜

もっと詳しく見る

no03

第3位おいしい水素水

おいしい水素水
水素含有量
0.7ppm〜

もっと詳しく見る

おいしくて健康になれるおすすめ水素水ナビ » 水素水にかんするさまざまなウワサ » 医療分野での応用って?

医療分野での応用って?

水素水の効果を応用し、医療でも活躍している実例をご紹介します。

医療分野でも応用して治療にも活用

最近では医療技術の飛躍的な発達により、これまでになかった技能やサービスの応用が起こっています。

そうしたものの代表例として、水素水が挙げられます。

水素水は、水に水素を多く溶かした水ですが、この水素水の特徴として、人間の体に悪影響を及ぼす活性酸素を減少させる効果があります。

活性酸素はいわゆる万病のもとといわれており、例えばがんの原因となったりする物質です。

それ以外では、肝臓の機能を低下させたり、血管のつまりをおこしたりして人間の命の維持に悪影響を及ぼすことが指摘されています。

また、こうした症状から、人を必要以上に疲れさせたりすることも活性酸素の悪影響といわれています。

こうしたことが続くと、なかなか体調が上向かず、ビジネスマンの場合、仕事に集中できないなどの悪影響があります。

そのため、この水を飲むことで体内の活性酸素を減少させる効果があると言われています。

それ以外にも、この水は美容にもよい影響があると言われており、抗酸化物質を防ぐ効能があるとされています。

シミやそばかすが皮膚に多く出るのもこの活性酸素が原因となっています。

こうした医療や美容に効果がある水素水ですが、近年ではこの水を応用して、医療分野に活用するケースが増加しています。

例えば、水素水を血液透析用水に使用することで、腎臓に悪い影響を持っている透析患者の慢性炎症、酸化ストレスを抑制することを目的にした治療方法が大学と企業の間で開発されています。

また、それ以外では、水素水を飲むことで、体内の悪玉コレステロールであるLDLコレステロールを減少する機能があることから、こうしたことを治療に活用するケースがあります。

 
ページの先頭へ