no01

第1位クリスタル水素水

クリスタル水素水
水素含有量
1.59ppm

もっと詳しく見る

no02

第2位スパシア

スパシア
水素含有量
0.35ppm〜

もっと詳しく見る

no03

第3位おいしい水素水

おいしい水素水
水素含有量
0.7ppm〜

もっと詳しく見る

おいしくて健康になれるおすすめ水素水ナビ » 水素水を体に取りいれる3つの飲み方 » スティック

スティック

水道水などにスティックを入れて水素を発生させる「水素スティック」についてまとてめています。

水素スティックの特徴

水素スティックは、水道水などにマグネシウム入りのスティックを入れることで、水素水を作り出す製品。水とマグネシウムの化学反応を起こして水素を生成します。 

製品の中には、水素濃度5.0ppmや2.6ppmなど、高濃度の水素水が生成できるスティックが販売されていますが、20℃の水に対しては、約1.57ppmの水素しか溶存させることができません。 

また、水素水スティックを入れて、フタをした容器を振ることで、より多くの水素を作ることはできますが、水素はフタを開けた途端に空気に溶けて散ってしまうので、一定の量の水素を生成させるのは非常に難しいでしょう。

加えて、マグネシウム反応によって生成された水素水は、体への効果が乏しく、水酸化マグネシウムも一緒に発生することで、下剤のような効果が見られる場合があります。 

その点を踏まえれば、スティック1本で、数回分の水素水を作れるので、コストパフォーマンスはよく、容器と水さえあれば、いつでも飲みたい時に水素水を作ることができます。 

水素スティックを利用している人たちの口コミ 

口コミ60代女性
「あらゆる商品を探していて、ようやくスティックタイプを見つけた時はうれしかったです。愛犬の飲み水にも使っています」

口コミ40代男性
「毎日作って飲んでまいます。スティックの洗浄が面倒なのですが、経済的なところがいいですね」

口コミ40代女性
「水道水に入れるだけなのでお手軽。スティック1本で繰り返し使えるところが、家計にやさしくて気に入っています」

 
ページの先頭へ