no01

第1位クリスタル水素水

クリスタル水素水
水素含有量
1.59ppm

もっと詳しく見る

no02

第2位スパシア

スパシア
水素含有量
0.35ppm〜

もっと詳しく見る

no03

第3位おいしい水素水

おいしい水素水
水素含有量
0.7ppm〜

もっと詳しく見る

おいしくて健康になれるおすすめ水素水ナビ » 水素水を体に取りいれる3つの飲み方 » お手軽に水素水を取る方法はどれ?

お手軽に水素水を取る方法はどれ?

「アルミパッチ・缶」「スティック」「サーバー」お手軽に水素水を取る方法を比較してみました。

徹底比較!お手軽に水素水を摂るための方法とは?

健康のためにも、お肌のためにも是非取り入れたい水素水。でも、アルミパウチ、スティック、サーバーのどれを選んだらいいのか迷ってしまいます。

どれが一番手軽に水素を取れるかをランキングしてみました。ぜひ、水素水選びの参考にしてみてください!

お手軽度で比較した水素水ランキング

水素水の抗酸化作用の効果を得るためには、やはり毎日水素水を飲み続けることが一番大事なことです。

そして続けていくには「手軽に飲むことができる」ことが何より重要なことではないでしょうか?

そこで、水素水を摂るための方法として代表的な「アルミパウチ・缶」「スティック」「サーバー」の3つをお手軽度で比較してみました!

順位 摂取方法 お手軽度 メリット・デメリット
王冠
1位
アルミパウチ・缶 hosi メリット
いつでもどこでも、安定した濃度の水素を摂ることができる
・飲み残しても空気を押し出してからふたができるので、水素がなくならない
デメリット
・1度キャップを開けると、水素が漏れてしまう
2位 スティック 星 メリット
・スティック1本で、数回使用できるので経済的
・容器と水があれば飲みたい時に水素水を作れる
デメリット
・水素水生成後にほとんどの水素が放散してしまう
・一定量の水素がいつも作られるわけではない
・継続して飲む場合はコスト高
3位 サーバー 星 メリット
カートリッジなどの消耗品が不要でランニング・コストがかからない
デメリット
購入価格が高い
置き場所をとる
内部の洗浄などのメンテナンスが面倒で大変
製品が劣化すると生成できる水素量が減少する

お手軽度No.1は「アルミパウチ・缶」タイプ!

アルミパウチ・缶タイプの水素水のメリットは、カバンなどに入れればどこにでも持ち歩けて、いつでも飲むことができるということ。容器の素材として使われているアルミは、密閉性が高いため、水素が空気中に飛散してしまうのを最小限に留めることができます。

つまり、常に安定した水素を体に摂りいれることができるのです

そして、特に口コミなどで評判のアルミパウチタイプの水素水が「クリスタル水素水」です。

国際特許技術で水素の濃度も業界随一。色々な水素水ランキングでも1位になっています!

ランキングバナー

 
ページの先頭へ