no01

第1位クリスタル水素水

クリスタル水素水
水素含有量
1.59ppm

もっと詳しく見る

no02

第2位スパシア

スパシア
水素含有量
0.35ppm〜

もっと詳しく見る

no03

第3位おいしい水素水

おいしい水素水
水素含有量
0.7ppm〜

もっと詳しく見る

おいしくて健康になれるおすすめ水素水ナビ » 水素水を体に取りいれる3つの飲み方

水素水を体に取りいれる3つの飲み方

話題の水素水を飲んでみたいという方も多いと思います。

しかし、ネットで検索するだけでも、沢山の商品が販売されていて、どれを選んだらいいのか迷ってしまうのではないでしょうか? 

このカテゴリーでは、その中でも代表的な「アルミパウチ・缶」「水素スティック」「水素水サーバー」について、その特徴やメリット、デメリットについて紹介していきます。

アルミパウチ・缶

  • メリット
    カバンなどに入れて持ち歩けくことができ、手軽に飲むことができる
    ・いつでも、一定している水素濃度を体に摂りいれることができる。
  • デメリット
    ・キャップをしっかりと閉じておかないと、水素が抜け出てしまう。

水素スティック

  • メリット
    ・スティック1本で、数回使用できるのでコスパ。
    ・容器と水さえあれば、飲みたい時に水素水が作れる
  • デメリット
    ・水素水を生成した直後に、飲まないと空気中に水素が四散してしまう。
    ・つねに一定した量の水素を作るのが難しい。
    ・容器と水さえあれば飲みたい時に水素水が作れる。

水素水サーバー

  • メリット
    ・カートリッジなどの消耗品が不要。ランニングコストがかからない。
  • デメリット
    ・購入価格が高い(平均価格は20万円~)。
    ・設置スペースの確保が必要。
    ・サーバーが劣化すると、生成できる水素量も減少してしまう。

おすすめは「アルミパウチ・缶」。どこでも手軽に一定の濃度の水素を摂れるのは、大きなメリットだと思います。毎日続けやすいのもいいですよね。

 
ページの先頭へ