おいしくて健康になれる水素水ナビ

no01

第1位クリスタル水素水

クリスタル水素水
水素含有量
1.59ppm

もっと詳しく見る

no02

第2位スパシア

スパシア
水素含有量
0.35ppm〜

もっと詳しく見る

no03

第3位おいしい水素水

おいしい水素水
水素含有量
0.7ppm〜

もっと詳しく見る

医学、健康各分野で大注目の水素水

水素水画像

このサイトでは、水素水に関しての基本的な情報から、その効果やおすすめの製品を 紹介しています。

水素水は、病気・美容・アンチエイジング・ダイエットなどについての効果がさまざまなメディアで掲載され、各分野で広く注目されています。

01.そもそも水素水って何?

水素水水素水は水素分子(H2)を高濃度に溶かした水のこと。浄水器の水や市販されているミネラルウォーターは、塩素やトリハロメタンなどの体に悪いものを排除していますが、水素水は、活性酸素を消去する働きがあります。酸化によるストレスを軽減することで、病気や老化の予防を期待できるのです。

水素水は、食品添加物として厚生労働省が認可している安全・安心な物質でもあり、取り過ぎによる副作用などの心配もありません

◆水素の濃さで効果が違うの?
水素水を定義する規定は現在のところありませんが、より高濃度の方が効果が高いといえます。製品によって、その濃度に大きな違いがあるので、品質表示を確かめた上で購入するようにしましょう。

オススメの水素水ランキングBEST5を発表!

02.効果的に水素水を体にとりいれる方法

インターネットなどで水素水の商品を調べると「アルミパウチ・缶」「水素スティック」「水素サーバー」といったさまざまな方法があることに気付くと思います。

それぞれには、当然メリットやデメリットがあり、水素濃度も変わってきてしまいます

そこで、上記に挙げた3つの方法の特徴と、メリット・デメリットについて簡単にまとめてみました。

「アルミパウチ・缶」

<パウチタイプのおすすめ水素水>

クリスタル水素水

商品画像 詳しく見る
特徴 素材はアルミ箔。水・空気・光を通さない密閉性の高さを生かして、飲料水などに広く使われています
メリット ・雑菌が入る心配がない
・充填した水素が抜けにくく、高い濃度の水素を留めることができる
・カバンなどに入れて手軽に持ち歩ける
デメリット ・内部を洗うことが難しいので、繰り返して使用できない

「水素スティック」

<スティックタイプのおすすめ水素水>

水素水ツクルーノ

商品画像 詳しく見る
特徴 ・水道水などに一定時間スティックを入れ、水素水を簡単に生成。スティック内の、マグネシウムが水と化学反応をすることで、水素ガスを発生させる仕組みです
メリット ・スティック1本で、数回使用できるのでコスパがいい
・容器と水さえあれば飲みたい時に水素水が作れる
デメリット 水素が放散しやすい
・いつも一定量の水素が作られるわけではない

「水素水サーバー」

<サーバータイプのおすすめ水素水>

リアルドラフト

商品画像
詳しく見る
特徴 家の中などに機器を設置して、電極分解などを利用して水を分解。水素を発生させることができます
メリット ・月々の電気代など、コストを抑えられる
デメリット ・購入価格が高い(平均価格は20万円前後)
・設置スペースの確保が必要
・メンテナンスが難しい
製品が劣化すると生成できる水素量も減少してしまう

◆水素を体に摂りいれるには「アルミパウチ・缶」タイプの水素水がオススメ!

容器の素材として使われているアルミ素材は、密閉性がとても高く、充填した水素を長く留めておくことができます。

それはつまり、常に一定の濃度の水素水を、バッグなどにいれていつでもどこでも飲めるということ。キャップを開けてしまっても、きちんと密閉できる構造になっているのも大きなメリットです。

03.水素水の「ニセモノ」に注意!

週刊文春に掲載された水素水にかんする記事をご存じでしょうか?

日本医科大学の太田教授と編集者が、実際の商品を購入して、その水素濃度を調査したものがまとめられ、掲載されました。週刊文春

すると、商品の成分表にある水素濃度の数値と、測定されたものに大きな違いがあることがわかりました。

ある商品ではまったく水素を計測できない「0ppm」というものあり、業界のみならず、世間に大きな反響をおよぼしました

悲しいことですが、このような方法で水素水を販売しているメーカーがあることも事実としてあるようです。

ですが、それはごく一部のメーカーのことで、すべてがそうではありません。

水素水を購入するときには、信頼できるメーカーから購入することが何より大事になってきます

※画像は「週刊文春2013年2月28日号」より

業界が認める水素水がランクイン!おすすめできる水素水ランキングはコチラ

 
ページの先頭へ